読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

試練の塔39階 デューク チケット産+イベント産☆5縛り(ユグドラシル無し)

デュークを入手難度の低い?キャラで攻略です。

通常のキャラ試練は良いとしてマクスウェル試練の難度が低いかって言うとよくわかりませんがまあ良いでしょう。

攻略日は2017/01/09。パターンは出揃っていましたので、どう対処するかだけの問題。

 

デュークの行動パターンはHPによって5段階に分かれていて、2〜4段階では時間切れで即死ダメージが飛んでくるようです。

縛り無しの時やもっと軽い縛りのときはなんとなーくやってても時間切れは喰らわなかったのですが、本縛りではやはり第4段階で時間切れに遭遇。猶予が2ターンしか無いのでキツイです。

ちなみにユグドラシル無しは後付けの縛り。ここで火力が足りなかったら使おうと思っていましたが、ちょっと立ち回りを直したら足りてしまいました。

サポ値で殴った感が否めません。フロントメンバーの強化余地は大きいと思うんですが。

 

攻略パーティです。サポートは攻撃16200/防御15600。レベル400到達と覚醒が増えたのとで跳ね上がってしまっています。

f:id:uma0119:20170122232047p:image

編成方針

初回はパターンはよくわかってませんでしたが、xmasミクリオ・闇マルタ・WDロイド・1周年ユーリ・アイドルアリエッタで、その後に☆5縛りってことでミクリオを和装クラトスに替えてクリアしています。強キャラが並んでいるので当然かも知れませんがさほど苦労はせず。

この時の編成を元に術技回復2回復秘奥義1のバランスが良いかなと考えて組みました。

カノンノはレベル65、メルディはレベル60の秘奥義レベル1です。

リチャードが入っているのははロディが諸事情により十分に育成されておらず、ジュディスは存在を忘れられていたため。足の速さを活かす戦い方にもなりませんでしたので、本攻略にあたって上記2名は単純に上位互換にあたるはず。

攻撃面ではジュディ、耐久面ではロディが優秀でしょうか。

 

立ち回り

5段階あるパターン毎に記述します。

段階1〜2

回復術技お祈りと秘奥義回復をうまく回して耐えます。

段階2の5ターン目、2タゲ15000を受けるキャラにアップルグミを1つずつ使用。攻撃秘奥義はこのターンに使います。

カノンノはパネルがあまり合わない上に、この段階ではとにかく回復やバフを使ってほしいので秘奥義は間に合いません。その他のキャラは1〜2ターン前には溜まっているはずですが、素殴りで少しでもダメージを与えておくためにギリギリまで引きつけます。

段階3

ここでも基本は変わらず、アイテム温存で耐え切ります。

前段階と同様に5ターン目にグミを使って攻撃秘奥義を撃ちます。ここではカノンノが間に合います。

段階4

段階3までの余剰ダメージと素殴りで削り切ります。温存していたアイテムを適宜使用し、カノンノとメルディにも出来るだけ攻撃に参加してもらいます。かなりギリギリでした。

段階5

攻バフの乗った秘奥義はかなり痛いです。1人落ちまでならライフボトルがあるので、防御パネルには2番目に柔らかいリチャードを優先して乗せて耐えさせます。

秘奥義を耐えたあとは残ったアイテムを使用して勝ちきります。